部分矯正で出っ歯は治せる?

出っ歯 審美

部分矯正は、前歯のみを動かして出っ歯を治す矯正方法です。

  • 出っ歯を部分矯正で治せるの?
  • 部分矯正で私の出っ歯は治せる?

などの疑問をお持ちの方に、出っ歯を部分矯正で治せるか解説します。

部分矯正で出っ歯は治せる?

部分矯正とは、奥歯を動かさずに前歯だけを動かして歯並びを整える方法です。そのため、前歯を動かすだけで改善できる出っ歯なら、部分矯正で治すことが可能です。

出っ歯の原因には、歯の生え方と上下の顎の大きさ・バランスが関係しており、出っ歯の程度も実にさまざまです。

  • 出っ歯がどのくらいのレベルか
  • 出っ歯を治すには抜歯、骨切りが必要か
  • 口元を引っ込めたいかどうか

これらを考慮したうえで、患者さんの希望に沿った治療が無理なくできるかどうかが、部分矯正で出っ歯を治すキーポイントとなります。

無理に部分矯正で治療すると、治療後に口元の突出感が増して出っ歯が悪化したように感じたり、歯茎が下がってしまったりする可能性もあります。自分の出っ歯が部分矯正でどこまで治せるのか、きちんと歯科医院で診断を受けて検討しましょう。

部分矯正で治せる出っ歯の症例

部分矯正で治せる出っ歯の症例は、治療の際に抜歯や顎の骨を切る処置が必要ない症例です。

具体的には、以下の3つの条件が当てはまります。

  • 出っ歯を治すために必要なスペースが3mmより少ない
  • 噛み合わせに問題がない出っ歯
  • 顎の大きさなどの骨格的な問題がない出っ歯

ただし、これらの条件に自分の出っ歯の症状が当てはまっているかは、精密検査による歯科医師の診断が必要です。

出っ歯を治すために必要なスペースが3mmより少ない

矯正では歯を抜いたり顎の骨を切ったりする以外に、歯の両側を薄く削ってスペースを作る「ディスキング(IPR)」という方法があります。

ディスキングは全体矯正でも部分矯正でも用いられる方法で、歯1本あたり最大0.5mmくらいのスペースを作ることができます。

部分矯正で前歯6本を治療対象とする場合、ディスキングで確保できるスペースは最大で3mmくらいです。そのため、出っ歯を後ろに引っ込めるために必要なスペースが3mmよりも少ない場合は、部分矯正で改善可能です。

噛み合わせに問題がない出っ歯

出っ歯の原因が前歯のみにあり、噛み合わせに問題がない場合は、部分矯正で改善できます。

出っ歯で奥歯の歯並びがガタガタしていないような症例では、前歯だけ矯正で動かせば出っ歯が治ると考える人もいます。

しかし、噛み合わせが低い症例や奥歯から前歯に向かって歯が前方に傾斜している症例は、噛み合わせが出っ歯の原因に含まれるため、全体矯正で奥歯まで動かさないと治せません。

顎の大きさなどの骨格的な問題がない出っ歯

以下のような骨格的な問題がない出っ歯は、部分矯正で改善できます。

  • 下顎の位置が後退している
  • 上顎の位置が骨格的に前に出ている
  • 下顎が小さい
  • 上顎が大きい

どこまで整えたいかにもよりますが、骨格的に出っ歯になっている場合は、抜歯や顎の骨を切る処置と全体矯正が必要になることが多いです。

部分矯正で出っ歯を治す方法

部分矯正で出っ歯を治すには、以下の装置を使用するふたつの方法があります。

  • マウスピース矯正
  • ワイヤー矯正

いずれも全体矯正と同じ装置を使用しますが、歯を動かす範囲が前歯に限局しているため、基本的に治療期間が短く費用も安くなる傾向があります。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを装着して歯を動かす矯正方法です。マウスピースを装着しても目立ちにくく、自分で取り外しできます。

矯正装置が目立つのが嫌な人、仕事上の理由で歯にワイヤーをを着けられない方におすすめです。

マウスピース矯正には複数のメーカーがあり、大きくふたつに分けられます。

  • インビザライン
  • その他マウスピース矯正

インビザライン

インビザラインは、部分矯正も全体矯正もできるマウスピース矯正です。部分矯正ができるプランは4つあり、それぞれ費用と治療期間、発注できるマウスピースの枚数が異なります。

  • インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ
  • インビザライン・ライトパッケージ
  • インビザライン・エクスプレスパッケージ
  • インビザラインGo

マウスピース1枚につき最大0.25mmほど歯を動かすため、治療シミュレーションを元に「出っ歯を改善するのに必要な歯の移動量÷約0.25mm」で算出した必要なマウスピースの枚数が、適用できるプランの目安となります。

インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ
  • 費用→約80〜100万円
  • 治療期間→約1〜3年
  • 発注できるマウスピースの枚数→上限なし

基本的に全体矯正を行うためのプランですが、前歯だけ動かすことも可能です。ただし、費用は全体矯正と同じになるので、部分矯正でこのプランを用いるのは非常に稀です。

インビザライン・ライトパッケージ
  • 費用→50万円以上
  • 治療期間→約7ヶ月
  • 発注できるマウスピースの枚数→最大14枚

出っ歯の部分矯正はもちろん、14枚以内で改善できる軽度症例の全体矯正にも用いられます。ただし、歯が計画通りに動かなくてマウスピースを追加発注する場合は、費用がかかります。

インビザライン・エクスプレスパッケージ
  • 費用→30万円以上
  • 治療期間→3〜4ヶ月
  • 発注できるマウスピースの枚数→最大7枚

マウスピース7枚以内で改善できる出っ歯に適用できるプランです。歯を移動できる量がかなり少ないため、適用できる出っ歯の症例にはかなり限りがあります。

インビザラインGo
  • 費用→約30〜80万円
  • 治療期間→約3〜6ヶ月
  • 発注できるマウスピースの枚数→最大20枚

奥歯を動かさず、前歯10本(上下20本)のみを動かす部分矯正に特化したプランです。インビザラインGoが適用できるかは、スマホの専用アプリですぐに診断できるので、診断までの時間が短いのが特徴です。

その他マウスピース矯正

  • 費用→総額10〜30万円ほど
  • 治療期間→約5ヶ月〜1年3ヶ月

キレイラインやローコストなどの複数のマウスピースメーカーがあり、前歯を中心に歯を動かして出っ歯を治療する部分矯正が可能です。格安マウスピース矯正とも呼ばれます。

ただし、治せる出っ歯の症例は、全体矯正と比べて少ないです。

治療を進めるたびに数万円ずつ費用を支払い、自分がいいと思ったところで治療を完了するシステムを採用しているメーカーもあり、一度に数十万〜百万円ほどの費用を用意するのが難しい人でも矯正を始めやすいです。

ワイヤー矯正

金属やセラミックなどでできたブラケットとワイヤーを着けて、歯を動かします。部分矯正では、歯を動かす前歯4〜6本にだけ装置を着けます。

ワイヤーを着ける位置は歯の表と裏側の2パターンあります。

表側矯正

  • 費用→約8〜45万円
  • 治療期間→約3〜7ヶ月

前歯の表側にワイヤーを装着するため、口を開けたときに目立つのが難点です。目立ちにくい白のブラケットやワイヤーを使うと、基本的に費用は高くなります。

裏側矯正(リンガル矯正)

  • 費用→約16〜55万円
  • 治療期間→約3〜7ヶ月

前歯の裏側にワイヤーを装着します。舌に装置が触れるため、表側矯正よりも違和感が大きいですが、表側からは装置が見えないので圧倒的に目立ちません。

部分矯正で出っ歯を治すなら

部分矯正は全体矯正と比べて治療期間が短く費用も安いため、適応範囲内であればとても魅力的な治療方法です。

部分矯正も行っている歯科医院を探したい方は公式ライン、同じような仲間と話したい方はオープンチャットにアクセスしてみて下さい☺️

オンラインで気軽に相談できるので、とても便利です。

n10g4rn9 l03ypdEdkwpnkGLSbrpzM1zEliFJxqwjryrSAB25AeORlOrnS5iKK nUYXrnh9jZas1Ze40WJvxRSr4iXtJ365dentist総監修 歯科医師/勝屋友紀子 

長崎大学歯学部卒業、〜2018 九州医療センター、2018〜現在 都内歯科クリニック勤務

UyRZkXPjQvAn5BK9ai6vfhAEgYGCePrS3Id158EZKuev 2TIlSXaZPkxY9dJ 3vCTCm7hqIEw6AzmlpdiuMD8H 9aD01UftplKrgMtn7dmYe監修 歯科医師/Naomi

臨床研修終後、都内審美歯科勤務。現在は歯科医師/歯科ライター

コメント

You cannot copy content of this page