インプラントとブリッジと入れ歯の違いって?【やさしく解説】

インプラント

歯を抜いた後はどうすればいいの?

インプラント・ブリッジ・入れ歯の違いを徹底比較!

◎:健康な自分の歯 

○:少し劣るが慣れれば問題なし 

△:劣る 

×:全く違う

 

インプラントブリッジ入れ歯

見た目

×

耐久性

△〜×

磨きやすさ

◎◎

発音

×

快適さ

×

作成期間

2〜4ヶ月※2週〜1ヶ月

2週〜1ヶ月

※骨を足した場合は数ヶ月延びることもあります

インプラント・ブリッジ・入れ歯の費用の違いは?

 インプラント 

  • 保険適応外で相場は 1本 30万円 〜 60万円
  • 骨を足す場合は追加で 10万円 〜 20万円

 ブリッジ 

  • 銀歯や表だけ白い前歯など、一部は保険適応可
  • セラミックで作る場合、3本分のブリッジ(両端2本が自分の歯)で相場は 30万円 〜 45万円

 入れ歯 

  • 一部は保険適応可
  • バネのない見た目のいいものや、薄くて違和感の少ないものは1つ約20万円〜60万円

インプラント・ブリッジ・入れ歯の主な特徴

 インプラント 

チタンやジルコニアを骨に埋め込み、それを歯の土台として被せものをつくる治療法。

【特徴】

  • 他の歯に負担をかけない
  • 単独で歯を再現するため見た目が自分の歯とほぼ同じで歯磨き方法も同じ
  • 外科手術が必要
  • 個人での取り外しは出来ない。
  • 定期的なメインテナンスが必要
  • 糖尿病や骨粗鬆症などがある場合は担当医に相談が必要

 ブリッジ 

隣の歯を削って橋渡しをするような形の大きい被せものを作り、歯のないところを補う治療法。

【特徴】

  • 2本で3本分を支えたり、5本で3本分を支えるような被せものを作る
  • セラミックで作成した場合、見た目の違和感はほぼない
  • ダミーの歯の下に汚れがたまりやすい
  • 支えとなる歯の負担が大きくなる為噛む力が強い人などでは破折のリスクがある
  • 個人での取り外しは出来ない

 入れ歯 

隣の歯を削って橋を作り、歯のないところを補う治療法。

【特徴】

  • 他の歯にバネをかけたり歯茎を支えにして噛むように作る
  • 歯茎を覆うため違和感が大きく、しゃべりづらいことが多い
  • 歯茎に痛みが出てくることが多く、こまめに調整が必要
  • 支えている歯に負担がかかる
  • 個人での取り外しが可能なので磨きやすく清潔に保つことができる

You cannot copy content of this page