マウスピースを使って本当に矯正できるの?メリットや料金相場を解説!

矯正

「マウスピース矯正ってなに?」

「ワイヤー矯正と何が違うの?」

という方向けに、この記事ではマウスピース矯正の治療方法の特徴やメリット、料金相場を解説し、マウスピース矯正を検討中の方のよくある質問を紹介しています。

この記事を参考にマウスピース矯正を検討してみてください。

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正は、名前の通りマウスピースを装着することで歯並びを整える矯正方法で、一般的なワイヤー矯正と違い、目立ちにくいことが一番の特徴です。

歯並びに悩みから歯科矯正を行いたいと考えている方の中には、ワイヤー矯正のイメージがある方も多くいらっしゃることでしょう。

ワイヤー矯正と言えば、矯正装置が目立つことや、ワイヤーに食べ物が詰まって好きなものが食べられなくなるなどの心配が出てくるため、はじめの一歩が踏み出せていないことも。

しかしマウスピース矯正はそのような心配をすることなく、キレイな歯並びを目指すことができます。

マウスピース矯正の代表格、インビザラインについてはこちらで詳しく説明しています。

インビザラインの治療の流れ

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正 値段

マウスピースで歯科矯正を行うメリットは次の通りです。

  • 矯正を気にせず笑顔になれる
  • 好きなものを食べられる
  • 口内トラブルを防げる
  • マウスピースは使い捨てで清潔

歯科矯正を考えている方にとって嬉しいメリットが多いので、一つずづ解説します。

矯正を気にせず笑顔になれる

マウスピースはいつでも自分で取り外しを行えるので、大切な場面では簡単に外すことができます。そしてマウスピースは無色透明で、自分の歯の形にフィットしているので、装着していても目立ちません。歯科矯正をしていることを人に知られたくない方におすすめです。

ワイヤー矯正では取り外しが行えず、歯が見えてしまうと矯正装置が目立って周囲に知られてしまうデメリットがあったので、透明で目立たないことは嬉しいですね。

好きなものを食べられる

食事の際はマウスピースを取り外すことが出来るので、いつもと同じように好きなものを食べられます。

ですので、職場の飲み会やデートの際も食材を選ばず、食事を楽しむことができます。

ただし注意点として、マウスピース装着中は砂糖など糖質の入っている飲み物は虫歯の原因となるので気を付けましょう。

また、コーヒーなど着色しやすい飲み物もマウスピースに色がつきやすくなっています。マウスピースを装着している時は水を飲むようにしましょう。

そして、食後は必ず丁寧に歯磨きを行って、歯の汚れを取り除いてからマウスピースを装着することも大切です。

歯の汚れがあるまま装着すると虫歯の原因になります。

口内トラブルを防げる

マウスピースは、歯磨き時に取り外していつも通りの歯磨きが可能です。

矯正治療中は虫歯や歯周病のリスクが高まりがちですが、矯正治療中に虫歯になってしまうと治療期間が延びてしまう可能性もあります。しっかり歯磨きが行えて口内トラブルを防げるのは嬉しいですね。

マウスピースは使い捨てで清潔

マウスピースは歯の動きに合わせて、定期的に新しいマウスピースに取り替えるので、同じマウスピースを使い続ける必要がなく、基本的に清潔に使用できます。

また、マウスピースには金属を使用していないので、アレルギーの方でも安心です。

交換頻度や材質は、マウスピースのメーカーによって異なるので、詳しくは歯科医院で聞いてみましょう。

マウスピース矯正にかかる料金相場

マウスピース矯正 値段

マウスピース矯正に必要な料金相場は次の通りです。

  • 約10万円〜100万円

マウスピース矯正では治療する歯並びによって治療に必要な期間やマウスピースの枚数が変わるので料金相場も幅広くなっています。

また、マウスピース矯正は保険診療ではなく自費診療です。そのため歯科医院によって値段が異なります。

また、基本治療費用以外にも通院ごとの処置料や追加治療費が発生する場合も。

こちらはあくまで相場です。症状や治療方法、目指す歯並びによって治療期間や料金が違うということを念頭に置いて、実際に歯科医院で相談してみましょう。

マウスピース矯正の歯科医院選びについての記事はこちらです。

子供のマウスピース矯正

子供の歯科矯正は6歳〜12歳頃までの乳歯と永久歯が混在した時期に行われる「1期治療」と

永久歯が全て生え揃った後に行われる「2期治療」があります。

インビザライン・ファーストという子供用のマウスピース矯正では、1期からの治療も可能です。

メリット・デメリットはほとんど大人と同じですが、子供の矯正治療は特に開始時期の見極めが大事です。

また、お子さんの場合20時間以上着けたままでいる約束や着けたまま間食をしないなどの約束を守るのがなかなか難しい場合も多いです。

まだ治療可能な歯科医院も少ないですが、気になる方は365dentistにご相談ください。近隣で治療可能な歯科医院を探すお手伝いを致します。

365 Dentist | 歯科医師による歯科検索、情報サイト

マウスピース矯正のよくある質問

  • マウスピースを付けた状態で普通に話せる?
  • 治療期間はどのくらい?
  • 出っ歯でも使用できる?

マウスピースを付けた状態で普通に話せる?

マウスピースは非常に薄いプラスチックで作られているので、最初は慣れないかもしれません。しかし数時間~数日で装着に違和感がなくなり話しやすくなります。

稀に話しにくいと感じる方もいらっしゃいます。しかし、大事な会議や講演会など人前で話す機会がある場合はその時だけ取り外すことが出来るので安心してください。

治療期間はどのくらい?

マウスピース矯正の治療期間は、歯並びによって変わります。またワイヤー矯正と比べて期間の差はほとんどなくなっています。

抜歯の有無などに大きく左右されますが、成人矯正の治療期間は平均で1年半〜2年程度になるでしょう。

元々歯並びが良く、治療範囲が狭い方は数ヶ月で治療が終了することもあります。

まとめ

今回はマウスピース矯正の特徴やメリットや料金相場を解説、よくある質問を紹介しました。

マウスピース矯正は周囲に気付かれることなく矯正治療ができることをはじめ、様々なメリットがあるので治療のストレスを軽減しながらを歯並びを整えられる可能性があります。

また、治療期間は主に1年以上の長い期間が必要になります。メリット・デメリットを理解した上でマウスピース矯正を検討しましょう。

マウスピース矯正で治療ができる歯科医院をお探しの方、矯正歯科選びにお悩みの方は365dentistがお手伝いいたします。

Twitterからもお気軽にお声がけください♪

365dentist総監修 歯科医師/勝屋友紀子 

長崎大学歯学部卒業、〜2018 九州医療センター歯科口腔外科、2018〜現在 都内歯科クリニック勤務

監修 歯科医師/Naomi

臨床研修終後、都内審美歯科勤務。現在は非常勤歯科医師/歯科ライター

日本歯科審美学会会員/インビザドクター

コメント

You cannot copy content of this page