アナタの歯並びは部分矯正できる?できない?

矯正

前歯のみなど、部分的に歯並びをととのえる「部分矯正」

最近は部分矯正を希望する患者さんが増えてきています。しかし、部分矯正は適用できる例と適用できない例があるため、治療前にはしっかりと検査・診断を行うことが大切です。

今回は人気の部分矯正について適用例を挙げながら解説します。

部分矯正とは

前歯のみを部分的にととのえる歯列矯正です

部分矯正とは、主に前歯の歯並びをととのえる審美的な矯正治療を指します。治療では前歯にのみ矯正装置をとりつけ、歯並びをととのえていきます。歯並びの軽い乱れを治すのに適しており、美容目的で受ける人が多いです。

奥歯の部分矯正もありますが、奥歯のみの矯正は親知らずを抜かずに奥歯の歯並びを調整したい場合や奥歯がない所に親知らずを矯正で移動させる場合など、限られた症例にのみ適用する治療法であまり一般的ではありません。

部分矯正にはワイヤーとブラケットを歯にとりつけるワイヤー矯正のほか、透明なマウスピースを使って歯並びをととのえるマウスピース矯正があります。他にはセラミッククラウンを歯にかぶせて綺麗に並んでいるように見せるセラミック矯正がありますが、セラミック矯正は分類上「審美治療」になるため、かみ合わせ等機能面の改善を目的とする矯正治療とは異なる矯正法となります。

部分矯正ができる人・できない人

希望する人が多い部分矯正ですが、結論から言ってしまいますと、部分矯正ができる症例は

ごく軽い歯並びの乱れ

にのみ、治療を適用できます。多くの人が「できるだけ早く」「できるだけ安く」「カンタンな方法で」部分矯正を望みます。しかし、部分矯正は誰にでも適用できる治療ではありません。

部分矯正を適用できる例

・ごく軽い出っ歯

・ごく軽い前歯のひっこみ

・ごく軽い前歯の傾き

・ごく軽い前歯のすきっ歯

・奥歯のかみ合わせや歯並びに問題がない

ごくごくごく、、、と続いてしまいましたが、部分矯正は上記のように「ごく軽い前歯の歯並びの乱れ」「奥歯のかみ合わせに問題がない」場合にのみ治療を適用できます。

部分矯正を適用できない例

・重度の出っ歯(上顎前突)

・重度のデコボコ歯(叢生)

・受け口(下顎前突)

・上下の歯がしっかりかみ合わない(開咬:オープンバイト)

・上下の歯の位置にズレがある(前後左右のズレ)

・奥歯のかみ合わせや歯並びに問題がある

・親知らずを含めた永久歯が生えそろっていない子ども

部分矯正は原則として、「歯のかみ合わせなど、機能面で問題がある人」には行うことができません。歯並びの乱れが大きな人や上下の歯のかみ合わせに問題がある人、奥歯の歯並びやかみ合わせに問題がある人には適用不可になります。また、受け口も基本的には部分矯正では治せないです。受け口は下の前歯が大きく前に出ている、下あごそのものが前に突き出ている症状のため、部分矯正では治せません。

部分矯正は、歯並び全体を根本的に治す必要がある人には適用できないと覚えておくとよいでしょう。

差し歯があっても部分矯正できるの?

差し歯は歯の根っこが残っている状態で上からかぶせ物をしています。差し歯の部位や状態によりますが、部分矯正を行うことが可能です。

ただし動かし方によっては途中で差し歯が取れてしまったり、作り直しになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、部分矯正に限ったことではありませんが素材によってはブラケットやアタッチメントがつきづらいことがあります。

部分矯正ができるかどうかはどうやって判断するの?

検査・診断で歯科医師が総合的に判断

部分矯正ができるかどうかは、歯科医院での検査および歯科医師の診断により総合的に判断します。

歯並びに対する自分自身の気持ちや予算

原則として、部分矯正はごく軽度の歯並びの乱れに限り治療を適用できます。しかし、

全顎矯正のお金はだせないけど、部分矯正ならなんとか用意できる

全顎矯正はしたくないけど、部分矯正ならやりたい

このような場合でも部分矯正を行うことがあります。

本来なら全顎矯正をするべき症例でも、治療をあきらめてしまうよりも、まずは部分矯正で前歯だけでも改善しましょうという考えです。

歯科医院によっては

部分矯正は行いません

というところもあれば、

まずは部分矯正で前歯だけでも綺麗にするのもOK

というところもあります。この判断はクリニックによって考え方がそれぞれ異なります。(ただし、重度の歯並びの乱れに対しては部分矯正を行わなず、全顎矯正で対応するところがほとんどです)

矯正治療は噛み合わせの改善のほか、見た目の問題にもアプローチするのが特徴です。ご自身が歯並びのお悩みがあり、「できるだけ早く」「安く」歯並びを治すことを希望する場合には症状の軽い重いにかかわらず、部分矯正は問題を解決するためのひとつの選択肢になります。

しかし、歯並びの乱れが大きい場合は前歯だけを治すことは不可能です。部分矯正をするかどうかの最終的は判断は歯科医師と話し合って決めることをおすすめします。

部分矯正はした方がいいの?しなくてもOKなの?

結局、部分矯正はした方がいいの?それともしなくても大丈夫?

部分矯正は基本的に「見た目のお悩み」を解決するために行う審美治療に分類されます。それに対し、見た目だけではなくそしゃくやかみ合わせ、呼吸面などお口の機能を改善するために行うのが全顎矯正です。全部矯正の適応の歯並びで、部分的に治すことで全体のバランスが崩れてしまうのであれば部分矯正の選択はあまり良くなく、できることも限られてしまうので、全体を見て全部矯正の適応であれば、治したい部分が軽度・前歯のみの乱れであっても、全顎矯正がおすすめです。

ただし、部分矯正をすることによる全体の咬み合わせへの影響が少なかったり部分矯正の適応であれば部分矯正をすることは決して悪いことではありません。先生とよく話し合い、部分矯正をしていくのか

【まとめ】

全顎矯正よりも比較的早く、安く治療を受けられる部分矯正ですが、適用できる症例は限られてきます。部分的に前歯の歯並びだけを治したいと思っても、歯並びの乱れが大きい場合には部分矯正は適用できません。

・部分矯正はちょっとだけ前歯を治したい人向き

・見た目の問題で悩んでいる

・かみ合わせなど歯の機能面では大きな問題がない

このような場合は部分矯正を検討するのもよいでしょう。しかし、根本的に歯並びを治したいのであれば全顎矯正が第一候補になります。部分矯正にするか全顎矯正で治すかは歯科医師とよく相談して決めることが重要です。

「どの歯科医院を選べば良いのかわからない」「自分に合った治療法を知りたい」という方は、現役歯科医師にネットで無料相談可能な365dentistをご利用ください。

Twitterではゆきこ先生が歯のお役立ち情報を更新しています♪こちらからもお声がけください♪

365dentist総監修 歯科医師/勝屋友紀子 

長崎大学歯学部卒業後、九州医療センター勤務を経て現在都内の歯科クリニックで勤務

監修 歯科医師/Naomi

臨床研修終後、都内審美歯科勤務。現在は非常勤歯科医師/歯科ライター

日本歯科審美学会会員/インビザドクター

コメント

You cannot copy content of this page