矯正治療は診断が9割

矯正

矯正治療は診断が9割

矯正治療のポイント

矯正治療を考えている方、

矯正治療の成功/不成功、治療期間って何で決まると思いますか?

そう、タイトルにあるように、

まさに初めの診断です。

正直、小手先の治療は誰にだって出来ます。

特にマウスピース矯正は毎回の治療もはじめの診断通りに進めるだけで簡単で、フィッティングを確認して、予定と見比べたあと、問題なければプラン通り少し歯を削ったり表面にアタッチメントと呼ばれる突起を着けたりするだけです。

歯医者なら誰でも出来ます。

ワイヤー治療になると少し特殊な技術がいりますが、いろいろな技術を持った矯正の先生の元で見学すれば見よう見まねでも出来るようにはなってきます。

しかしながら、矯正認定医、指導医、専門医などを掲げて矯正専門で治療されている先生の多くは本格的なデビュー前に少なくとも5年以上、矯正漬けになって勉強してきているのです。

矯正治療も虫歯治療や歯周病治療と同じように大学で習い、実習を受けているにもかかわらず、どうして矯正治療だけ別枠扱いのようにになっていると思いますか?

矯正治療の診断や治療方針の立案が顎全体に及ぶものであり、顎の成長などを考えたり歯の周りの組織のことを考えたり、とても難しいのです。

矯正治療で歯を一定期間に動かせる量は限られています。

矯正治療で歯を動かす方法

また、歯を動かす方法は何種類もあります。

インプラントアンカーというものを打って引っ張るとか、

歯を抜いて寄せるとか、

顎を広げてスペースを作るとか、

歯を傾けて並べるとか、

いろいろです。

診断後の矯正治療のプラン

虫歯の治療やインプラント治療は、正直診断は割と似たり寄ったりで術者の技術によって仕上がりが変わってくるのですが、

矯正治療に関しては、

  • どういう順番で動かすか?
  • どういう方法で動かすか?
  • どの装置を使うか?

というプランを考える際にかなり差が出ます。

治療中も、思いの外動きが悪かった場合などにプランを随時修正する必要があります。

診断してプランを立てる際には

✅️ 年齢、性別、身長、体重

✅️ 上の顎と下の顎の大きさのバランス

✅️ 歯の大きさと顎のバランス

✅️ 顎の傾き

✅️ 歯が生えている部分の顎の長さ、幅

✅️ 骨の厚み

✅️ 歯の根っ子の位置

✅️ 過剰な歯が眠ったりしていないか

✅️ 生えている歯の本数

✅️ 唇や顎を外から見た時の出方のバランス

などなど、多くのことを見て治療プランを練る必要があります。

その人に最適なプランを立てるため、

精密検査の後に様々な分析を行い、

人によって治療方針が分かれることも多いので、

クリニックによっては複数のドクターで意見をすりあわせるすることもあります。

矯正治療は診断・プランニングが重要

診断、プランニングが最も重要なのはワイヤー矯正もマウスピース矯正も同じです。

診断、プランニングで治療期間、仕上がりが大きく変わります

矯正治療を行う前はしっかりいくつもの検査をしてもらって、

治療方針についての説明を十分に受けるようにしてください。

マウスピースで動かすとかワイヤーで動かすとか装置の問題ではなく、

どういう方法で動かしていくのか?

と是非先生に聞いてみてください。

難しい話になるかもしれませんが、

いい歯医者さんなら根拠をあげてきっと親切に教えてくれますよ。